注目記事
五月病
五月病とは、正式な病名ではなく環境の変化によって発生する、憂鬱な状態を総称した表現のことを指します。 4月は年度が変わり、進学や就職、異動といった新しい環境がつきものです。 新しいことに順応しようと頑張った結果、ゴールデンウィーク明けに不調が現れるのです。 五月に症状が出ることが多いため、五月病と呼ばれています。 最近では、五月病に影響を受けた六月病というものも広がりつつあります。

五月病の主な症状

  • 憂鬱になる
  • 無気力
  • イライラする
  • 眠れない
  • 食欲不振
  • 動悸がする など
「なにもしたくない!!」「働きたくない!!」そう思ってしまったら危険信号かもしれません。精神的にはもちろんですが、放っておくと身体的にも不具合が生じる可能性があります。上記の症状が現れたら、すでに過度なストレスを感じている状態かもしれません。 体からのSOSをしっかりキャッチしましょう。

五月病になるきっかけ

  • 新入社員になった
  • 転勤・部署移動
  • 受験や就活が終わって燃え尽き症候群になっている
原因となるのは、「環境の変化」。慣れ親しんだ仲間や仕事内容など、環境が変わってしまうことで誘発されると考えられます。5月に限らず、環境に応じて年中発症するものです。

五月病になりやすい人

  • 真面目な人
  • 完璧主義な人
  • 気配りできる人
  • 責任感が強い人
  • 周りに合わせがちな人
一過性のものなので、時間が解決する場合がほとんどですが、人によっては長期化してしまう場合もあります。長引かせないためにも、また、発症しないためにもしっかりと予防しましょう。

五月病の予防策

相談
  • 相談する
ストレスに感じていることを自分の中に閉じ込めず、同僚、家族、友人などに相談してみましょう。ストレスが蓄積して体調を崩してしまう前に、身近な人に聞いてもらうことが大切です。
ヨガ
  • 趣味に没頭する
自分の好きなことをすることで、脳内で幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌が活性化され、ストレスが和らぎます。
ランニング
  • 身体を動かしてリフレッシュ
ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動を行うことで、脳内のセロトニンの働きが活発になり、憂鬱な気持ちも吹き飛ばしてくれます。
日光浴
  • 規則正しい生活を心がける
セロトニンの分泌を促すためには、毎朝太陽の光を浴びることが効果的です。休日もある程度決まった時間に起き、生活リズムを崩さないよう心がけましょう。
厚生労働省により、精神疾患が高血圧などと並んで5大疾病に組み入れられる時代です。 しっかりと自分に合った予防策をみつけて、五月病にかからないようにしましょう。
おすすめの記事