注目記事
花粉症

糖質、たんぱく質、脂質は三大栄養素といわれ、身体を構成するために必要な栄養素です。

  • 糖質は身体を動かすエネルギー源
  • たんぱく質は筋肉や組織の材料
  • 脂質はホルモンや細胞膜の構成に必要な栄養素

中には脂質については、「食べると太る」というのを連想して、避けている方も多いと思いますが、実はそんな敬遠されがちな脂質も、きちんとした知識を持って摂取することで、花粉症の対策やコレステロール値の改善につながるのです!

アレルギー反応と『脂質』との関係性について

脂質にはいくつかの種類がありますが、そのうちの多価不飽和脂肪酸の油として、
・ω(オメガ)6系
・ω(オメガ)3系
の油が存在します。
これらは必須脂肪酸と呼ばれ、人間の体内では作り出すことが出来ない為、食事で摂取する方法しかありません。

現代人は知らず知らずのうちにω6系の油を摂りすぎている!

ティッシュ

ω(オメガ)6系の油には 細胞の炎症やアレルギー反応を促進する役割があるため、花粉や埃の侵入を感知してかゆみなどのアレルギー反応を引き起こしてしまいます。 そのため、花粉症の方々がつらいと感じる、かゆみなどのアレルギー反応が過剰に出現してしまうわけです。

加工食品の原材料表示をチェックしてみましょう。『植物性油脂』とあれば注意!!

ω3系の油には、細胞の炎症やアレルギー反応を抑える役割が !!

サバ
青魚

くるみ
くるみ

エゴマ油

ω3系の油はサバイワシサンマ等の青魚くるみ、巷で話題のアマニ油エゴマ油に多く含まれています。アマニ油とエゴマ油は、熱に弱い油なので、加熱時の調理油として使用するのではなく、ドレッシングとしてサラダにかけたり、納豆に少し混ぜてみるなど、生で摂取するようにしましょう。

食生活を少し見直してみてはいかがでしょうか。

チェック

インスタント食品やスナック菓子の摂取は控えてω6系の脂肪酸の摂取量を減らすこと、そして食事でω3系の油を豊富に含むサバやイワシなどの青魚を積極的に食べて、摂取する油のバランスを整えることで、花粉症で生じるアレルギー反応を抑える効果が期待できますよ。

おすすめの記事