注目記事
むくみ

むくみとは

朝目が覚めた時にやけに顔が腫れぼったいと感じたり、夕方になると靴がきつくなって履きづらい… などといった症状を感じたことがある方は多いのではないでしょうか。 そのような症状は総じて「むくみ」と言われます。 基本的に「むくみ」とは、身体の中に余分な水分や老廃物が溜まってしまう状態のことをいいますが、原因は様々です。 すでにかかっている疾患によるむくみから、前述したような日常生活で感じるむくみなど、その程度や症状も様々です。 今回は、そんな多くの人を悩ますむくみの中でも、病的なものではなく日常生活でよく感じられるむくみについて詳しく説明していきます。

むくみの原因

  • 立ち仕事やデスクワーク
立ち仕事やデスクワーク、飛行機の移動などで長時間同じ姿勢を強いられると、重力の影響もあって脚に水分が溜まりやすくなります。また睡眠不足や疲労が溜まっているときには血液の循環が悪くなります。そうなることでもむくみが起きやすくなります。
  • ホルモンバランスの乱れ
筋肉量が少ないと静脈の血行が悪くなりがちで、むくみが起きやすい傾向にあります。また、生理前や妊娠中、更年期にはホルモンのバランスが変化するため、自律神経の乱れから血行が悪くなりむくみが起きやすくなります。
  • 水分や塩分のとりすぎ
体内では食事で摂取した水分や塩分を基に体内では常に同じ環境を保とうと、水分や塩分のバランスを整える機能があります。そのような中で、水分や塩分を摂りすぎてしまうと、血管の中の水分が増え、外にしみ出しやすくなるためにむくみを引き起こすことがあります。また、アルコールを飲むことで血管の透過性(血管とその周りの組織との間で起こる水分や栄養分などの移動のこと)が高まり、血管中の水分がしみ出しやすくなり、むくみにつながります。
  • 自律神経の乱れ
慢性的なストレスによって自律神経が乱れると、その影響によって血行が悪くなり、むくみを引き起こすことがあります。
いかがですか? ご自身の中で当てはまることはありましたか?

それでは、次にこれらが原因で生じてしまうむくみを予防する方法を見ていきましょう。

むくみの予防法

  • 長時間の立ち仕事や座り仕事をする場合は、ときどき姿勢を変えたりストレッチを行う。
  • 入浴時は湯船に浸かる。血行が良くなり、むくみの解消や予防に繋がります。
  • 1日1.5~2L程度の水分をこまめにとる。
  • 塩分を控える。
  • 栄養バランスの良い食事をする。
  • 適度な運動を行う。
できることから始めて頂き、少しでも皆さんのむくみの悩みを解消できると幸いです。
おすすめの記事