注目記事
歯周病

歯周病とは、簡単に言うと口腔内に繁殖する細菌に感染して、歯の周りに炎症が起こる病気です。

それだけ聞くと「な~んだ歯の病気か」と思われるのではないでしょうか。 いえいえ、それだけではありません!!実はこの歯周病、全身に影響を及ぼすのです。 全身に影響だなんて大袈裟な!!と思われた方がいるかもしれません。 実は、既に色々な病気と関係があるという研究結果が出ています。
ざっとあげるだけでも、 糖尿病、動脈硬化、高血圧、 心臓疾患、脳梗塞、肺炎、認知症、がん といった病気の増悪や発症に関係することが分かっています
生活習慣病
先ほどまで「たかが歯の病気!!」と思われていたかもしれませんが、歯周病の怖さに気づいていていただけたでしょうか。 でも、恐れることはありません。 歯周病の原因をしっかり把握して健康に過ごせるように努めましょう。
歯磨き

でも、恐れることはありません。 歯周病の原因をしっかり把握して健康に過ごせるように努めましょう。

では歯周病についてもう少し詳しくみていきましょう。

この細菌ですが空気を嫌います。そのため、空気が届きにくい歯と歯茎のすき間を好み、そこから奥へと侵入して歯茎の内部で炎症を起こします。最初は歯茎が腫れる程度の軽度の炎症ですが、炎症が進んでいくと歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてぐらぐらになり、最終的には歯が自然に抜け落ちることもあります。
何より恐ろしいのは、歯周病は痛みが出ないことが多く、 気づかないうちに進行しているのです。  進行すると歯を失う上に、全身への影響もある歯周病。

どうにかして防ぎたいですね。 防ぐためには先ほどもお伝えしました

「細菌」が繁殖した塊、すなわちプラークを除去することです。

プラークを除去する方法ですが、なによりも歯磨きが大切です。 ただ磨くだけではなく、ポイントを押さえてしっかりとプラークを除去していきましょう。 「歯を磨こう」と言われてもどこを気にして磨いたら良いのでしょうか。 もう一度思い出してみましょう、歯周病菌が好む場所を! そうです、歯と歯茎の境目です。 そこを重点的にブラッシングしていくように意識していきましょうね。
磨くためのポイント
  1. 歯と歯茎の間の溝に歯ブラシを45度の角度で当て、歯周ポケットに毛先が入ることを意識します。
  2. 軽い力で5㎜程度に細かく横に動かします。
  3. 1か所につき20回が目安です。
歯の磨き方
歯の磨き方
前歯の裏側や歯がでこぼこしているところは、歯ブラシを立てると磨きやすいですよ。 また、睡眠中に口腔内の細菌が繁殖しやすくなりますので寝る前の歯磨きはていねいに行いましょう。 最後に定期的な歯科受診でご自身の状態を知ることも大切です。 受診と普段のセルフケアで歯の健康とともに生活習慣病からも身を守りましょう!
おすすめの記事