注目記事
夏

暑い夏に注意すべき夏バテ

蒸し暑い梅雨の季節が過ぎ、暑い暑い夏がやってきましたね。海や花火大会、プールなど、楽しいイベント目白押しな夏は、なんだか気分も浮かれてしまいますね。 ですが、この暑い夏の季節に注意しなければいけないのが夏バテ!! 毎年この時期になると食欲がわかなかったり、身体がだるく、やる気が出ないと感じてしまったり、夏バテに悩まされる人も多いのではないでしょうか。

夏バテの原因と対策

・水分不足
暑い夏は、体温調節の為に汗をかいて体温を下げようとします。そのため、必然的に体内の水分が失われます。体内の水分が不足すると、血液やリンパの流れが滞り、頭痛や食欲不振などの症状を引き起こす原因となります。水分摂取は、喉が渇く前にこまめに摂ることを心掛けましょう。
水分補給
・ビタミン、ミネラルの不足
前述のように、汗をかくと、水分だけでなく体に必要なミネラルも排泄されてしまい、体内のミネラルバランスが崩れる原因となります。 水分補給の際は、ミネラル分も含んだものを選ぶようにし、さっぱりとした食事を摂る際は、肉や魚などのたんぱく質、野菜や果物を一緒に摂るように心掛けましょう。 さっぱりとしたものが食べたくて、麺類だけを好んで食べることにより、体内に必要なビタミンやミネラル類が不足し、疲労感を感じる原因となってしまいます。
・室内外の温度差
この時期、室内はエアコンによってかなり冷やされていて、外との気温差がとても大きくなります。この気温差の激しい室内外の移動を繰り返していると、体内での体温の調節機能を担っている自律神経が適応しきれず、体調不良を引き起こす場合があります。室内のエアコンの温度には注意をし、あまり体を冷やしすぎないように羽織ものなどで調節しましょう。
エアコン
・胃腸の乱れ
夏場は、前述したように自律神経が乱れやすく、その影響もあって胃腸の働きも弱くなってしまいます。さらにそこへ冷たい飲み物や食べ物ばかり食べるような生活を送っていると、胃腸にさらに負担をかけ、下痢や便秘、食欲不振を引き起こす原因となります。冷たいものの摂りすぎには注意し、バランスの良い食事を心掛けましょう

夏バテ予防のためのビタミンB1

夏バテを起こしやすい季節を乗り切るために、積極的に摂っていただきたい栄養素が「ビタミンB1」です。 ビタミンB1は体内に取り込んだ糖質をエネルギー源に置き換える際に必要なビタミンで、疲労回復に効果があると言われています。さっぱり食べられる麺類や甘くて冷たいジュース、アイスクリームを食べる機会が増え、糖質の摂取量が増えるこの時期には、特に必要な栄養素です。 豚肉やうなぎ、玄米や大豆製品に多く含まれているため、毎日の食事の中で取り入れる工夫をしましょう。 以上で説明したことに注意して、暑い夏も夏バテ知らずで楽しく過ごしましょう!!
おすすめの記事