注目記事
ダイエット中の間食

ランチ前や夕飯前など、小腹が空くことってありますよね。でも、間食したいけどカロリーが気になる…という方も多いのではないでしょうか。
今回はおすすめの間食を紹介します。ダイエット中の方でも食べやすく栄養が豊富な健康的なおやつをご紹介します。

そもそも「間食」とは、朝・昼・夜の1日3食以外に摂取するエネルギー源となる食べ物や飲み物のことです。上手に間食することで、ドカ食いを予防し、食事だけでは補いきれない栄養素を摂り入れることができます。ただし食べすぎは厳禁です。間食は1日200kcalまでに抑えましょう。

間食で摂り入れたい栄養素

●食物繊維

食物繊維は便秘の改善につながります。腸内環境が整うと痩せやすい身体になります。また食物繊維は血糖値が急上昇するのを防ぎます。血糖値は急激に上がることで糖分が脂肪に変わりやすくなります。そのためダイエットには血糖値を緩やかに上げることがポイントとなります。

●ミネラル

ミネラルは、食事から摂る必要があり、ミネラルが不足すると、カラダがうまく動きません
ミネラルは、糖質や脂質、タンパク質、ビタミン、食物繊維に並ぶ六大栄養素のひとつで カルシウムやマグネシウムなどがよく知られています。

●たんぱく質

ダイエットをするために運動をしたくてもたんぱく質がなければエネルギーが足りなくなり筋肉量が低下してしまいます。筋肉量が低下すると基礎代謝も低下し痩せにくくなります。

●良質な脂質

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は人間の健康と発達に不可欠なため摂取しなければならない脂質です。現代人は特にオメガ3脂肪酸(魚やナッツ、アマニ油・エゴマ油など)が不足しがちですので間食でうまく摂り入れてみましょう。

おすすめの間食

チョコ
カカオ70%以上のチョコレート

カカオにはポリフェノールや食物繊維、ミネラルが含まれています。
カカオに含まれるポリフェノールは脂質代謝の促進や、脂肪の蓄積を抑制する効果が報告されています。また、糖代謝を促進し、高血糖の予防改善が期待できるといった報告も多くあります。

干し芋
干し芋

干し芋には食物繊維が豊富です。またビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、鉄分、マグネシウムなどが含まれます。ただ糖質を多く含みますので食べすぎないようにしましょう

アーモンド
ローストナッツ

ナッツは、脂肪分が多くカロリーが高いイメージですがナッツに含まれる脂質は良質な脂質で腹持ちもよく、満腹感が長時間持続しますので積極的に摂るようにしましょう。またナッツは食物繊維ビタミンやミネラルも含まれています。1日10粒くらいを目安にして食べましょう

ヨーグルト
ギリシャヨーグルト

ヨーグルトは、乳酸菌をたくさん含んでいるので腸内環境が整います。腸内環境が保たれることで便秘の予防、病気にかかりにくくなります。ギリシャヨーグルトは普通のヨーグルトと比べてたんぱく質が豊富な食材です。

チーズ
チーズ

チーズは良質のたんぱく質がとれますので、お腹が空いたときにおすすめです。
チーズは人工的なプロセスチーズではなく、ナチュラルチーズを選びましょう

茎ワカメ
茎わかめのおやつ

わかめに含まれる水溶性の食物繊維は、腸内細菌のエサになり、腸内環境を改善させます。またカロリーが少ないので太りにくい食材です。

おすすめの記事