注目記事
肩こり

厚生労働省の「国民生活基礎調査」によると、女性が訴える自覚症状の第1位が肩こりです。
男性でも、第2位に挙げられているほど、いまや肩こりは多くの方にとっての悩みの種となっているのです。

肩こりの原因

肩こりの原因は大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. 首や肩の骨・筋肉に原因があるタイプ
  2. 首や肩とは別の所に原因があるタイプ
  3. 原因がはっきりしないタイプ

この中で、肩こりの悩みを持つ方のほとんどが③原因がはっきりしないタイプに分類されると思います。
それでは、そんな原因がはっきりしないタイプについて詳しく説明していきましょう。

本態性肩こり

仕事や家事をしているときなどの日常生活での姿勢がよくないことが原因で、骨や軟骨の変形、血流の減少、筋力の低下やこわばりなどがわずかにでも引き起こされ、その影響によって生じているのかもしれません。このような原因がはっきりしない肩こりのことを、医学的には「本態性肩こり」と呼ばれています。

身体の軸が狂って正しいバランスを失っている状態

脳が身体の中心として捉えている第一頸椎が事故の衝撃や長時間の悪姿勢によって歪んだりズレた場合に頭の位置が中心軸よりズレてしまいます。重たい頭が身体の頂点でバランスを崩してしまうと頭を支える首や肩の筋肉に過大な負荷をかけてしまいます、これが肩こりに発展します。

危険な肩こりの可能性があればすぐに検査

肩こりが気になった際、最初に注意しなければいけないことは、“危険な肩こり”を見逃さないことです。かかりつけ医を受診してその可能性があると判断された場合、より専門的な検査・治療を進める必要があります。なにかの病気が背後に隠れているのかもしれませんし、日常の生活に原因があるのかもしれません。医療機関で検査を受けるだけでなく、ご自身でも普段の姿勢をチェックしたり、視力が悪くなっていないか確認してみましょう。

日常でできる肩こり解消法

悪い姿勢
✔普段の姿勢や生活環境をチェック!

肩こりの原因が仕事中の姿勢の悪さから生じている場合が多いです。悪い姿勢のまま長時間経過することによって、肩こりを誘発している可能性があります。一度自身の仕事中の姿勢をチェックしてみましょう。

リュック
✔カバンの選び方

ショルダーバッグのようなカバンは片方の肩に負担が集中してしまう為、なるべく両肩で背負うタイプのバッグを使うことがおススメです。

カイロ
✔カイロや温水シャワーなどで温める

肩や首周りのこりを感じる部分を温めることによって、筋肉がほぐれ、血行が良くなる為、肩こりの症状が軽減するといわれています。やけどに気をつけながら、カイロや温水シャワー、ホットタオルなどを当ててみましょう。

肩こりの原因と解消法についてご紹介しました。
日常の習慣を少しずつ見直して、肩こりを解消していきましょう。

おすすめの記事