注目記事
ダイエット

カロリーより大切なこと

ヒトは消費するカロリーよりも摂取するカロリーが多いと太ります。みなさんダイエットするときにカロリーを気にしますよね?もちろんカロリーの多い食事をすると太ってしまうのですが、カロリーよりも注意していただきたいのが血糖値なんです!

血糖値と太る関係

食事をして食べたものが身体に吸収されると血糖値が上がります。すると上がった血糖値を下げるために、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されます。
このインスリンというホルモンは別名「肥満ホルモン」と言われており血糖値を下げる過程で血液中の糖分を脂肪に変えて、からだに貯め込んでしまいます。
インスリンが必要以上に分泌されていなければ問題ではないのですが、空腹時にいきなり糖質の多い食事をするなど、血糖値を急激に上昇させるような食べ方をすると糖分を脂肪として蓄積することに拍車をかけてしまうのです。

太りづらい食べ方

野菜から食べる

食事をするときは食物繊維が豊富な野菜、海藻、きのこ、こんにゃくなどから食べるようにしましょう。これは、食物繊維が消化吸収を緩やかにし血糖値の急上昇を抑えてくれるからです。また食物繊維は、よく噛まないといけないので満腹中枢が刺激されやすく食べ過ぎを防ぐ作用があります。さらに、糖の吸収を穏やかにし、余分な糖質や脂質の吸収を抑えて排出させる働きがあります。

野菜から食べる


理想的な食べ方は「野菜→タンパク質→糖質」の順に食べると血糖値の上がり方が緩やかになります。このように、食べる順番によって血糖値の上がり方が変わり、血糖値の急激な上昇を抑えることで太りにくくなります。

エクストラバージンオリーブオイルを活用する

脂質はカロリーが高いので敬遠されがちですが、近年の研究結果により、エクストラバージンオリーブオイルをパンにつけて摂ると、血糖値の急上昇を抑制できるということが分かってきました。そもそも脂質は消化するのに時間がかかるので、三大栄養素である(炭水化物・脂質・たんぱく質)の中で最も血糖値を上昇させにくいのです。

パンとオリーブオイル

糖質と一緒にエクストラバージンオリーブオイルなどの脂質を摂取した場合、糖の吸収を穏やかにして太りにくくなります。その他エクストラバージンオリーブオイルには血液中の悪玉コレステロールを下げる効果があります。さらに抗酸化物質が含まれていますのでアンチエイジングの効果も期待されます。

注意点として、油をとったからといって糖質のとりすぎを帳消しにしてくれるわけではないので、くれぐれも糖質を摂りすぎないようにしましょう。

おすすめの記事