注目記事
元気

夕食を食べる時間に気を付けよう

普段、夕食は何時に食べていますか?
仕事帰りに食べて帰る人、家族の帰りを待って食べる人、塾や習い事などに行く前に食べる人など生活環境や年代によって様々かと思います。
ただ睡眠に特化してお伝えしたいことはひとつ、「夕食は就寝3時間前に済ませましょう!!

人それぞれの生活習慣の中で夕食時間を調整する人が簡単な人もいれば難しい人もいると思います。ではなぜ就寝3時間前までに夕食を済ませて欲しいかをみていきましょう。

就寝3時間前までに夕食を済ませて欲しい理由

それは食べ物の消化に要する時間と関係しています。
食べ物が胃で消化される時間は平均で2~3時間と言われています。
ですから、寝る前に食事をすると、就寝後に胃の中に食べ物が残ることになります。

そうすると体を休めることができずに、眠っている間に「食べた物を消化する」ので、胃や腸は働き続けることになってしまいます。これでは睡眠中に脳や体は休まりそうにありませんね。

その結果、寝付けなくなってしまう、眠りが浅くなるなど睡眠の質が低下してしまい「寝たのに眠い」「寝たのに疲れがとれない」状態となります。
体を休ませるための睡眠が、逆に疲労を蓄積する原因となってしまいます。

睡眠の質を上げるための夕食の摂り方!!

一番の理想は早めに夕食を食べる事です。しかし仕事や外出などで帰宅時間が遅くなると就寝3時間前の食事が難しくなりますよね。
そんな時は以下のポイントに気を付けてみて下さい。胃の中に食べ物が滞留する時間が短くなり睡眠への影響を減らすことが出来ますよ。

チェック
1.夕食は腹八分目に抑える
2.消化に良い食品を食べる
  • 吸収が早いもの…おかゆ、うどん、にゅう麺、バナナなど
  • 繊維質が少ない野菜…ほうれん草、じゃがいも、ニンジンなど
  • 柔らかく煮えている野菜…鍋、煮物、みそ汁など
  • 脂質の少ないタンパク質…鶏肉(皮や脂身のないもの)、ヒレ肉などの脂身のない肉、豆腐など
3.消化に悪い食品を避ける
  • 繊維質が多く固い野菜…ごぼう、たけのこ、きのこ類、芋類など
  • 脂質の多い肉類・魚類…バラ肉、サーロイン、ベーコン、ソーセージなど
  • 揚げ物

帰りが遅くなる日は仕事の合間に食事を 

仕事で帰りが遅くなる日にお腹が空くと、ついお菓子に手が伸びてしまう方は仕事の合間に食事をしましょう。例えば18時頃におにぎりなどの炭水化物を食べて、仕事が終わって家に帰ってから肉や野菜などを含んだおかずを食べると良いと思います。
それが難しい方は「分食」(1回あたりの食事量を少なくし、1日に4~6回程度に分けて食事をとること)をおすすめします。

睡眠の質を高めて翌朝を元気に迎えましょう!

おすすめの記事