注目記事
カロリーゼロ

“カロリーゼロ”に騙される人たち

ダイエットをしている時でも、甘いものを食べたい!小腹が空いたときに少し何か食べたい!と思ったときに、ふとコンビニに立ち寄ると、「カロリーゼロ」や、「脂質ゼロ」、「糖質ゼロ」という表示を目にしたことがありますよね。そして、ダイエットをしている期間は特に、こういった商品に手を伸ばすことが多いのではないでしょうか。

次からは少し立ち止まって思い返してみてください。

大好きなケーキやアイスクリームを我慢して、カロリーゼロの商品をわざわざ選んで食べ続けた結果、体重の変化はどうでしたか?思うように減量できていたでしょうか?

体重計

○○ゼロに潜む罠

カロリーゼロのものでも、口にすると甘いと感じるものがありますよね。
カロリーがゼロなのに甘い・・・

不思議に思いませんか?

普通、甘いと感じたときに連想させるのが「砂糖」や「はちみつ」などが思い浮かびますよね。でも、カロリーゼロの商品にはそれらが全くもって含まれていないにも関わらず「甘い」と感じるのです!

それはどうしてかというと、化学調味料といわれる「甘味料」が含まれているからです。甘味料は、カロリーはほとんど無いものの、口に入れた時に甘みを感じるものです。そして、カロリーゼロなどの「〇○ゼロ」と記載されている商品は、普通の商品よりも味を調整するために化学調味料がたくさん使われている場合があるので要注意です。

甘味料

カロリーゼロでは痩せない

甘味料は、カロリーが無くても甘いと感じた瞬間に、脳が錯覚を起こし、食欲が増進し、さらに食べたいと思うようになります。カロリーが無く、血糖値も上がらないけれど、体内で「インスリン」というホルモンが働き、体内で脂肪をため込む作用が働きます。この「インスリン」というホルモンは多量に体内で分泌され続けることによって、肥満やメタボリックシンドロームなどを助長することがこれまでのあらゆる研究によってわかってきました。

このようなことが原因で、結果的に体重の減量に繋がらないケースがあるのです。
甘味料は、脳やホルモンの分泌に影響を与えることで、思うように体重の減量にはつながらないことが多いのです。

これまで、ダイエット中に良かれと思ってカロリーゼロの商品を率先して購入していた方は、これからは手が止まるのではないでしょうか。「○○ゼロ」とうたわれるダイエット飲料やダイエット食品に頼る前に、自身の食生活や生活習慣を今一度振り返って客観視してみることが大切です。

おすすめの記事