注目記事
スキンケア

今日から出来る肌改善方法

きれいな肌の人はとっても好印象で若くみえますよね。健康な状態の肌を保つために、スキンケアも重要ですが肌の表面だけではなく身体の内側からケアすることで健康な肌を目指しましょう。

AGEの蓄積を防ぐ

AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)のことをいいます。タンパク質と糖が加熱されてできた物質で一言でいうと『体のコゲ』です。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。AGEが肌に蓄積すると肌の弾力性が低下し、しみ、くすみ、しわ、たるみの原因となります。 AGEは体内のたんぱく質そのものが糖化する場合と食事でとったAGEが体内で蓄積する場合とがあります。たんぱく質は、血糖値が高い状態が続くとAGEが蓄積されやすくなります。肌を健康な状態を保つためにもAGEを蓄積させないことが重要となってきます。
焦げ

【AGEの蓄積を防ぐために】

  • AGEを多く含む高温調理した揚げ物や肉類などの摂取を控える
  • 砂糖や精製された炭水化物を控える
  • AGEを低下させるビタミンB群を多く含む食品(豚肉、大豆製品など)、カテキンを含む食品(緑茶など)、柑橘系の果物(グレープフルーツなど) を積極的に摂取する
  • 適度な運動をして糖質を代謝させる
  • AGEをつくる紫外線を避け、飲酒や喫煙を控える

糖質の多い食品を控える

糖質制限

吹き出物やニキビが出る原因の一つに、皮脂の過剰分泌が挙げられます。皮脂が毛穴に詰まると、アクネ菌が過剰に増殖し炎症を引き起こしてニキビが発生します。 そして、皮脂の過剰分泌を促しているのは、お菓子やご飯、パンなどの糖質になります。吹き出物やニキビに悩んだら、まず糖質を減らすようにしてみましょう。

腸内環境を整える

野菜

腸内環境の乱れは、ビタミン供給を滞らせ肌トラブルの原因となります。納豆や味噌、キムチなどの発酵食品やヨーグルト、食物繊維たっぷりの野菜や果物をふだんから摂り、腸内環境を整え、ビタミン類の合成を高めましょう。

成長ホルモンの分泌を促す

睡眠

睡眠は健康な肌を保つうえで大変重要となります。肌の新陳代謝(ターンオーバー)は、成長ホルモンによって促され、ターンオーバーが正常に行われないと、さまざまな肌トラブルが起こってしまいます。また、成長ホルモンが不足すると、ストレスホルモンが増加します。 ストレスホルモンは自律神経を乱し、皮脂を過剰に分泌しニキビや吹き出物の原因にもなります。質の良い睡眠がとれるように、「食事内容」「運動」「寝具・寝室環境」等を適切に整えることが重要になります。

水分補給は十分に行う

水分補給

水分摂取量が不足することによって、体内の血液がドロドロの状態となり、血行が悪くなります。すると肌に充分な栄養や酸素が行き届かなくなり、肌荒れに繋がることがあります。 毎日の水分摂取はこまめに1日1.5~2L程飲むことを心掛けましょう。血行を良くするために温かいお湯やお茶がオススメです。

おすすめの記事