注目記事
うなぎ

疲労の原因は食事だった?!

疲れやすいだるい集中力が続かないなどは、感覚として似たような症状ですが、これらを引き起こす原因も実は同じことなんです。 朝食を抜いていたり、主食・主菜・副菜がそろわない夕食だったりすると、基礎代謝や身体活動に必要なエネルギーが不足し、このような不調につながることがあります。

疲労回復には栄養バランスが大切

忙しいからとコンビニのおにぎりやパンのみで食事を済ませたり、ファストフードや麺類・丼ものといった、手軽に早く食べられるような食事が続いていると、身体を動かすエネルギー源は確保できたとしても、どうしても栄養が糖質や脂質に偏ってしまいます。 上記のような食事ではなかなか得られないビタミンやミネラルが体内で不足することによって、せっかく食事で得たエネルギー源を体内でうまく利用できない可能性があります。 そういったことが継続することで、疲労感や倦怠感、集中力の低下につながってしまうのです。 毎日の食事でバランスのとれた食事を積み重ねていくことが非常に重要となります。 また、エネルギーが消費された後の、筋肉中に溜まった疲労物質である乳酸を分解する栄養成分の補給も大切です。

疲労回復に効果的な栄養素多く含まれる食材

それでは、疲労回復に効果的な栄養素と、その栄養素が多く含まれるおすすめ食材について紹介していきましょう。
疲れていない

ビタミンB1

ビタミンB1には乳酸を分解する作用があり、また炭水化物の代謝を促す働きもあります。また、ビタミンB1は脳にエネルギーがきちんと供給されように働き、この働きによって脳や神経の機能が維持されるため、集中力にも関係します。 多く含む食材:豚肉、レバー、ウナギ、カキ、卵、胚芽米、全粒粉パン

ムチン

たんぱく質の分解酵素としての働きがあるため、食事で摂取したたんぱく質を効率よく消化・吸収してくれるため、疲労回復に効果的です。 多く含む食材:やまのいも、オクラ、里芋、なめこ

アリシン

ビタミンB1を含む食材と一緒にとることで、その吸収力をアップするため、疲労回復の効果がより高まります。 多く含む食材:にんにく、たまねぎ、ニラ

クエン酸

摂取した食物を体内でエネルギーに変えるときに体内にたまった老廃物を排出させる働きがあり、また疲労物質である乳酸の生成を抑える働きもあります。 多く含む食材:レモン、グレープフルーツ、いちご、食酢、梅干し

おわりに

肉体的な疲労の回復はバランスのとれた食事とともに、軽めの運動や十分な睡眠・休養が大切です。精神的疲労には、軽く身体を動かしたり、趣味や旅行などで気分転換を行うことが効果的といわれています。合わせて行うと良いでしょう。
疲労回復の基本は、バランスの良い食事です。前述で紹介した疲労回復に効果的な食材も、偏った食べ方は禁物です。バランスの良い食事の中で上手に取り入れていきましょう。
おすすめの記事