注目記事
動脈硬化
健診でコレステロールの数値が引っかかったという人多いのではないでしょうか? コレステロールと聞くと悪いイメージがありますが果たしてコレステロールは本当に悪者なのでしょうか。

コレステロールとは

コレステロールは脂質の仲間で、全身の細胞膜の成分になります。その他、ホルモンやビタミンD、胆汁酸の原料となり細胞の働きを調節し、食事の脂質やビタミンなどの栄養素の吸収を手助けする働きがあります。ですのでコレステロールは生命維持になくてはならない物質なのです。 コレステロールにはLDL(悪玉)HDL(善玉)という2つの種類があります。 LDLコレステロールは肝臓で作られたコレステロールを全身に運び、HDLコレステロールは余ったコレステロールを回収する役割があります。 よく悪玉と呼ばれるLDLコレステロールは動脈硬化の原因であるとされています。

LDLコレステロールは糖化・酸化に注意する

近年の研究で、LDLコレステロールが糖化・酸化した超悪玉のLDLコレステロールによって動脈硬化を引き起こすことがわかってきました。 LDLコレステロールが糖化されると糖化LDLコレステロールに、酸化されると酸化LDLコレステロールに変化します。 糖化・酸化LDLコレステロールが血管壁に沈着すると、白血球のマクロファージがこれを異物と見なして集まってきます。マクロファージは次々に捕食して動けなくなり、その残骸がプラークと呼ばれる粥状の物質となって血管壁にたまり、動脈硬化を引き起こします。
動脈硬化の進行
動脈硬化を防ぐ鍵は、LDLコレステロールを増やさない、LDLコレステロールを糖化・酸化させないことが重要です!

LDLコレステロールを糖化・酸化させない習慣

  • 糖質を控える ご飯やパン、果物やお菓子などの糖質を多く含む食品を控えましょう。
  • 抗酸化作用の強い食材を食べる 緑黄色野菜や柑橘系やベリー系の果物、ナッツ、緑茶などの抗酸化作用の強い食材を摂りましょう。
  • 酸化した油・飽和脂肪酸・トランス脂肪酸を控える 時間が経って酸化した揚げ物、飽和脂肪酸(脂身のついた肉、ひき肉、鶏肉の皮、バター、ラード、やし油、生クリーム、洋菓子)や、工業的に作られたトランス脂肪酸の多い食品(マーガリン、洋菓子、スナック菓子、揚げ菓子)は控えましょう。
  • コレステロールの多い食品を控える レバー、臓物類、卵類のようなコレステロールの多い食品は摂りすぎに注意しましょう。
  • 良質な油の摂取を心がける n-3系多価不飽和脂肪酸の多い青背の魚やクルミなどのナッツなどを積極的に摂るようにしましょう。
  • 食物繊維を摂る 食物繊維の多い食品(野菜、大豆製品、雑穀、海藻、きのこ、こんにゃくなど)を増やしましょう。
  • 適度な運動 適度な運動は糖を代謝させますので、ウォ―キングを心がけましょう。
おすすめの記事