注目記事
パソコン姿勢

長時間の同じ姿勢は身体に負担をかけている

同じ姿勢でずっとパソコンに向き合っていると体に違和感を覚えることがあると思います。 たとえば首から肩にかけて、更には腰にまでだるさや痛みを感じたことはないでしょうか。 長時間同じ姿勢でいることは楽ではないため、人は知らず知らずに自分にとっての「楽な姿勢」で作業を行っていることが多いのです。ただしその姿勢はご自身にとって楽であっても、身体に負担がかかりやすい姿勢になっている可能性があります!! ただでさえ同じ姿勢をとっている事で同じ筋肉にばかり負担がかかり、血行が悪くなってしまいます。その上、体に負担がかかる姿勢をとっていたのでは、首や肩の凝り、腰の痛みや目の疲れがより一層溜まっていくように思いませんか?

では、身体に負担がかかる姿勢とはいったいどの様な姿勢でしょうか。

体に負担をかける姿勢

  • 背中が丸まって猫背になっている
  • 顎が前に突き出ている
悪い姿勢
こんな姿勢でパソコン作業をしている人を身の回りでよく見かけませんか? この姿勢はストレートネックを招きかねません。 ストレートネックとは肩や首、背中、腰などの「コリ」が主な症状ですが、症状が進行すると首の神経を傷めてしまい、頭痛・片頭痛、手足のしびれ、めまいなどの症状がみられることがあります。その他にも逆流性食道炎、胸焼け、吐き気、自律神経失調症、うつ、頚椎症、椎間板症などの症状があります。 ストレートネックになってしまっては遅いですのでその前に予防に努めましょう。 ではどの様な対策があるでしょうか。

良い姿勢

✔姿勢を良くするためのポイント
  • 頭やあごが前に突き出ていませんか
  • 背中が丸まり猫背になっていませんか
  • 腰が丸まったり、反ったりしていませんか
  • 両肩が上に持ち上がったいかり肩になっていませんか
パソコンを使用する際の理想的な姿勢をご覧ください。
良い姿勢
出典:富士通株式会社
椅子は勿論ですが椅子も高さが調節出来るものを用意できると良いと思います。 ただ緊急事態宣言などで急に在宅ワークをすることになった場合などは用意できないこともありますよね。また最近はデスクトップではなくノートパソコンを使用する方も多いのではないでしょうか? そういった環境下では理想的な姿勢をとることは難しいと思います。

そんな時に役立つアイテムをご紹介いたします。

①ノートパソコンスタンド こちらを使用することでモニターの高さや角度が調節できます。比較的手ごろな価格ですのでぜひ活用してみてください。 ②外付けのキーボードを使用する ノートパソコンの場合は外付けのキーボードを使用することで位置を調節できます。肘を90度以上伸ばして自然に手が届くところ上体を起こしたままキープしやすくなり、首や腕の余計な力みが減少します。 ③クッションなどを使用する 背中側にはクッションを使用することで姿勢を調整しやすくなります。骨盤がしっかりと立つと、理想的な姿勢をキープしやすくなります。
姿勢ひとつで体の不調が改善も悪化もします。 パソコン作業での姿勢に意識を向けてみましょう。
おすすめの記事