注目記事
サビ
最近、「抗酸化力」という言葉をよく耳にするようになってきました。 「抗酸化力」とは、文字通り「酸化に対抗する力」のことをいいます。 抗酸化力を知る前にまず、酸化についてお話させていただきます。

酸化とは

まず酸化とは、人間が生きていくために必要な現象です。 私たちは呼吸をし、摂り入れた酸素を利用することで、エネルギー代謝などのさまざまな反応を引き起こしています。このときに吸った酸素のほんの一部の2、3%程度の余った酸素が活性酸素となり、これがもとの物質の酸素よりも高い酸化力を持つようになります。 活性酸素の多くは、それを除去する酵素などで消去されますが、喫煙、紫外線、睡眠不足など不規則な生活、偏った食事や運動不足、過度な運動、慢性的な炎症などが原因で活性酸素の生成と消去のバランスが崩れてしまいます。そうなると、酸化ストレス」が発生し、老化を早めたり、がん細胞が増殖したり、動脈硬化を引き起こすなど、様々な疾病の原因になっていることが分かっています。 ですので、規則正しい生活で不要な活性酸素を減らすこと、抗酸化作用のある食事を摂ることが重要になってきます。

抗酸化作用のある注目物質

カルノシン

ウナギ、鶏肉、マグロなどの肝臓や筋肉に多く含まれる「カルノシン」という物質は、極めて強い抗酸化力を持っています。渡り鳥が長い距離を飛べるのも、マグロが泳ぎ続けれるのもカルノシンを豊富に持っているからともいえます。

ポリフェノール

老化を防ぐ物質としてよく知られている「ポリフェノール」もいくつか種類があります。
  • アントシアニン 赤ワイン、ブルーベリーに豊富
  • イソフラボン 大豆、豆腐、納豆、豆乳などに豊富
  • タンニン コーヒーや紅茶などに豊富
  • カテキン 緑茶
  • ルチン 玉ねぎ、柑橘類、そばなどに豊富
  • カカオポリフェノール ココアパウダー、チョコレートなどに豊富
  • ビタミンA にんじん、トマト、ほうれん草に豊富
  • ビタミンC キウイフルーツ、イチゴ、ピーマン、ブロッコリー、いも類などに豊富
  • ビタミンE 種実類、アボガド、かぼちゃなどに豊富

注意点

果物やそば、イモ類、チョコレートには糖質が多く入っていますのでくれぐれも摂りすぎには注意が必要です。また赤ワインはアルコール度数が高いので飲み過ぎないようにしましょう。 チョコレートは成分比率が重要となってきます。カカオが少ないものは糖質が多くなります。カカオ70%以上のものを選ぶようにしましょう。
規則正しい生活で不要な活性酸素を減らして、抗酸化作用のある食事を摂るように心掛けましょう。
おすすめの記事