注目記事
日常使い出来る!おすすめ食用オイル

食の多様化から、スーパーでもたくさんの種類の食用油を見かけるようになってきました。油によって作用が違いますので、どの油を摂取するかによって、私たちの健康は良くも悪くも変わっていきます。ですので、脂肪酸組成をみて、その油の性質を知ることがオイルを選ぶうえで大切になってきます。

脂肪酸の種類

脂肪は、お肉の脂身やバターなど、動物性の「飽和脂肪酸」と魚やオリーブなどの植物性に多く含まれる「不飽和脂肪酸」に大きく分けることができます。

溶ける温度に違いがあり、「飽和脂肪酸」は、常温では固体となり、「不飽和脂肪酸」は、常温で液体となります。「飽和脂肪酸」を摂取しすぎると、血中コレステロールや中性脂肪が増え、血液の流れが悪くなります。一方「不飽和脂肪酸」は、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。

今回おすすめする油は、不飽和脂肪酸である「オメガ3脂肪酸」「オメガ9脂肪酸」を含む油です。不飽和脂肪酸の「オメガ6脂肪酸」も体内で生成できない必須脂肪酸のため摂取が必要ですが、炎症性物質をつくりやすく、最近の食生活で過剰摂取となっていますので、積極的に摂る必要はないかと思います。ですので、食用オイルでは、「オメガ3脂肪酸」と「オメガ9脂肪酸」を意識的に摂取することでバランスを保つことができます。

「オメガ3脂肪酸」を含むおすすめオイル

1 亜麻仁油

アマ科の植物の種子から抽出したオイル

 

2 えごま油

シソ科の一種である荏胡麻から抽出したオイル

 

どちらのオイルもオメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸が豊富に含まれており、動脈硬化予防効果やアレルギー改善効果があります。

※注意※
オメガ3脂肪酸は、酸化しやすい油です。酸化すると風味などが落ち、品質が低下します。
特に、オメガ3を多く含む亜麻仁油は酸化しやすいという特徴がありますので、冷暗所で保管し、開封後はできるだけ早めに使用しましょう。また、熱に弱いため、加熱は厳禁です。ドレッシングなど、そのまま使用しましょう。

 

「オメガ9脂肪酸」を含むおすすめオイル

オリーブオイル

オリーブオイルは抗酸化作用があり、美肌、免疫力の向上、抗炎症作用があります。

また、オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、善玉コレステロールの値の低下、脂質・糖の代謝の向上、便秘の改善作用があります。そして、オリーブオイルは加熱調理にも向いていますので日常使いしやすいのが特徴です。

数ある商品から選ぶなら、良質なものを選びましょう。オリーブオイルの中でも品質が良いとされるエクストラバージンですが、品質がよくない商品が残念ながら存在します。どのエクストラバージンオリーブオイルを選んだらいいかわからない人は、コンテストなどの受賞商品を選ぶとよいでしょう。
このように、「オメガ3脂肪酸」と「オメガ9脂肪酸」を含むオイルを食生活に取り入れて、健康維持に役立てていきましょう。
おすすめの記事