注目記事
酵素を上手くとりいれて代謝をサポート

現代人は、病気ではなくても、さまざまな不調を抱えている人がたくさんいます。これは、酵素の不足により、細胞が正しく代謝できていないことが原因である可能性があります。そこで、代謝や消化に必須である酵素についてお伝えします。

酵素とは

わたしたちが日々の生活の中で呼吸したり、身体を動かしたり、食べ物を消化・吸収したりなどの生命活動は、すべて細胞で化学反応が起こっています。このような化学反応を助ける働きをしているのが「酵素」といわれる物質です。

この生命活動に欠かすことのできない酵素は、加齢と共に減少するといわれています。

 

体内で合成される酵素は、「代謝酵素」と「消化酵素」に分類できます。

消化酵素

唾液や胃液、すい臓などの消化液に含まれ、腸内細菌によってつくられます。栄養素を吸収できるように分子を小さくして食べ物を消化する働きをします。

代謝酵素

エネルギー変換時に働き、体温や血圧の安定、免疫機能の維持や、細胞の再生や修復、神経やホルモンバランスを調整する働きがあります。また、活性酸素の除去、有害物質を解毒・排出するなど、生命活動を支える働きをします。

 

消化酵素が弱いと

下痢や便秘、腹痛、アレルギー、自己免疫疾患、腸疾患、うつ、不安感、倦怠感などが現れます。

便秘 食後の眠気

消化酵素の分泌が弱くなる要因

遺伝もありますが、加齢、ストレス、タンパク質不足、早食い、胃酸不足、食生活の乱れなどが考えられます。

 

食物酵素

食品にはあらゆる食物酵素が含まれています。食物酵素は主に消化酵素をサポートする役割を担っています。三大栄養素であるタンパク質、脂肪、炭水化物をそれぞれの消化を得意とする酵素が存在します。

 

酵素を取り入れるポイント

食べ物から酵素を十分に補うことで、体内で消化酵素を分泌する量も少なくてすみます。体内酵素は、一生の合成する量が決まっているので体内酵素の消費を節約すれば、その分の違う代謝酵素の合成にまわすことができ病気の予防にも繋がります。

酵素はタンパク質ですので、熱を加えると違う形に変化してし、酵素の働きがなくなります。食べ物中の酵素は40℃程度で働きが低下し、さらには約48℃以上の加熱によって失活されるといわれています。酵素の恩恵を受けるには、食事に生の野菜や果物を取り入れることを意識しましょう。

 

また、発酵食品は、食物酵素が多く含まれています。例えば、漬け物やキムチは、生の野菜を使い、発酵させることでさらに食物酵素が増えます。

現代社会では、加熱調理や加工食品に偏った食生活をとっている人も少なくありません。こうした生活を続けていると、食べ物を消化、吸収する能力が低くなっているかもしれませんので注意が必要です。だからといって、ほとんどの食事を生の食品だけにするのも身体によいとは言えません。

しっかり加熱調理することで食中毒や寄生虫を予防したり、温かい食べ物で身体を温めたりすることはとても重要なことです。

そこで、酵素を上手くとりいれるために、日々の食事に漬物やサラダ、酢の物、あえ物や刺身、薬味、フルーツなどを上手く取り入れることが重要です!

  

おすすめの記事